国王神社

國王神社
こくおうじんじゃ

茨城県坂東市岩井

祭神:平将門命
国王神社


天慶3年(940年)2月14日、新皇を名乗っていた平将門公は朝敵とされ藤原秀郷らに討たれた。将門終焉の地とされるこの地に、将門公の三女、如蔵尼が庵を建てたことが始まりとされる。
如蔵尼が刻んだという将門像が御神体となっている。

國王

國王

國王

スポンサーサイト



テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

筑土神社

筑土神社
つくどじんじゃ

東京都千代田区九段下

祭神:天津彦邇々杵尊
配祀:平将門公・菅原道真公

天慶3年(940年)、江戸の上平川村津久戸(現千代田区大手町)に藤原秀郷によって討たれた平将門の首を祀り、津久戸神社として創建された。
江戸城筑城後の文明10年(1478年)に太田道灌によって社殿が造営され、太田家、江戸城の守護として祀られた。天文21年(1552年)には田安郷に遷され、その後は二度の江戸城拡張により現在のJR飯田橋駅付近、新宿区筑土八幡町へと移転を続け筑土明神となった。
明治に入り天津彦邇々杵尊を勧請、主祭神とし筑土神社と改称。昭和20年(1954年)、戦火により社殿が焼失し千代田区富士見へと遷されたが、学校建設のため再び遷されることとなり、現在の地へと落ち着いた。
社宝として将門の首桶、肖像画、木造などが伝えられていたが、昭和20年の戦火により社殿とともに焼失してしまった。


筑土

筑土

筑土


テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 東京_千代田区

     

鳥越神社

鳥越神社
とりこえじんじゃ

東京都台東区鳥越

祭神:日本武尊
合祀:天児屋根命・東照宮公
鳥越     鳥越


白雉2年(651年)の創建と伝えられる。社伝によると、日本武尊が東征のさいこの地に滞在し、住民たちがその威徳を慕い白鳥明神として祀ったのが起源とされる。合祀の天児屋根命は、国司となった藤原氏の祖神を祀ったとされる。東照宮は関東大震災で焼失した松平神社(現蔵前付近)を合祀した。

鳥越

鳥越

鳥越

鳥越

鳥越

鳥越

鳥越

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 東京_台東区

     

兜神社

兜神社
かぶとじんじゃ

東京都中央区日本橋兜町

祭神:倉稲魂命

東京証券取引所の北側に位置する小さな神社。江戸時代の地図には鎧稲荷と兜塚が描かれており、この時代には鎮守として信仰を集めていた。
明治4年(1871年)、三井物産の前身にあたる東京商社の移転に伴い鎧稲荷と兜塚は鎧の渡しと兜橋の中間に遷された。このさい兜塚として祀られていた源義家の御魂を社を創建して祀り、鎧稲荷も合祀され兜神社となった。
明治7年(1847年)祭神が変更され、源義家の祭祀を廃止、当地の地主であった三井家の信仰していた三囲稲荷神社(墨田区向島)の境内摂社より大国主命と事代主命を勧請し合祀した。
昭和2年(1927年)に現在地に遷座、昭和46年(1971年)に高速道路の建設に伴い旧社殿を解体、現在の社殿が造営された。
兜岩の由来は諸説あり、源義家が奥州征伐の外線の際、兜を埋め塚となした、源義家が岩に兜を掛けて戦勝祈願をしたため兜岩となった、藤原秀郷が平将門の兜を埋めて供養した、との説がある。

兜神社

兜神社

兜神社

兜神社


テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 稲荷東京_中央区

     

将門塚

将門塚
しょうもんづか・まさかどづか

東京都千代田区大手町

藤原秀郷によって討たれ京都の七条河原で晒し首にされていたが、胴体を求めて東国に飛んで行き、数カ所に落ちたとされれ、この首塚もその地のうちの一つであるとされる。
将門の首が収められていたといわれている首桶が筑土神社(現千代田区九段下)の御神体として祀られていたが、昭和20年の戦火により焼失してしまった。
関東大震災ののち、復興計画として大蔵省の仮庁舎の建設が始まったが、工事関係者や大蔵省役人の怪我や病気、死者が多数出たことにより将門の祟りとのうわさが立ち、仮庁舎は取り壊され昭和2年に供養碑が建てられた。戦後GHQの区画整理により再度碑の取り壊しをしようとしたさい、またしても工事関係者の事故死や怪我人が出たため、取り壊しは中止となった。
高層ビル群に取り囲まれひっそりとした雰囲気であったが、令和の改修により開けた空間になった。


将門塚

将門塚

将門塚



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリ

最新記事

サブカテゴリ

検索

 

東京・京都・大阪

アルバム


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





プロフィール

さくら

Author:さくら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: