手向山八幡宮

手向山八幡宮
たむけやまはちまんぐう

奈良県奈良市雑司町

祭神:応神天皇
    姫大神
    仲哀天皇
    神功皇后
    仁徳天皇
手向山八幡宮


天平勝宝元年(749年)、東大寺建立にあたり宇佐神宮より東大寺の守護神として勧請された。
当初は平城宮の南の梨原宮に建てられたが、その後大仏殿の鏡池付近に遷座された。治承4年(1180年)の平重衡の兵火により焼失、現在地へは建長2年(1250年)に北条時頼によって現在地に再建された。
東大寺創建以来の鎮守社であったが、明治の神仏分離令により東大寺より独立した。
毎年10月5には正倉院西に位置する転害門で例祭の転害会が行われている。


手向山八幡宮

手向山八麻宮

手向山八幡宮

手向山八幡宮



スポンサーサイト



テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 八幡

カテゴリ

最新記事

サブカテゴリ

検索

 

東京・京都・大阪

アルバム


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





プロフィール

さくら

Author:さくら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: